ソメイヨシノ

2017/11/11

この春 楽しませてもらった桜のことを詳しく知りたくて、 図書館で植物図鑑を借りてきました。

 

特に桜の代表のようになっているソメイヨシノは 江戸時代にオオシマザクラとエドヒガンの交配により、現在の東京都豊島区の染井地区で 植木屋さんが作り出したものだそうです。

 

はじめはヨシノザクラという名がつけられましたが、吉野山のサクラと紛らわしいので、ソメイヨシノと呼ばれるようになった ということです。